ヘルペス

ヘルペスに感染したらこの薬 - ヘルペス治療に有効な市販薬での治し方

ヘルペスの症状

ヘルペスとは、ヘルペスウィルスが感染して起こる皮膚病です。

感染した部位の皮膚に小さな水疱がブツブツと密集して集まり、痛みや痒みを引き起こします。病変が現れる前にちりちりとした痒みや痛み、灼熱感などの前駆症状が自覚でき、その後間もなくして水疱が現れ、病変全体が腫れたように感じます。水疱は次第に破れ、ただれとなり、かさぶた状になると自然に収まっていきます。

個人差はありますが、前駆症状が起きて自然に完治するまで2週間程度かかります。また、ヘルペスは再発を繰り返すという特徴があります。免疫の働きにより再発を繰り返すたびに症状が軽くなっていきいます。

反対に、ヘルペスの初感染時にはウィルスに対する免疫ができていないため重傷になることが多いです。特に、成人してからの初感染時に重症化するケースが多く見られます。初感染時には再発の場合とは比べものにならないほど重い症状が起こることがあります。

また、ヘルペスは初感染時の場合でも無症状に終わることも多く(特に幼少期に感染した場合に多い)、知らずにヘルペスウィルスに感染していた、また感染させていたということもよくあることです。

ヘルペスの感染経路

ヘルペスは空気感染しませんが接触感染はします。

ヘルペスウィルスは非常に感染力が強いウィルスで、感染部位に接触すればもちろんのこと、感染者の唾液・精液、膣分泌液などに触れても感染します。感染者が触れたタオル・コップなどを介して感染することもあれば、キスを始めとした性行為によって感染することもあります。

性器や性器周辺に感染するヘルペスは性感染症とみられており、基本的に唇などの顔や上半身に感染するヘルペスウィルスとは区別されます。

ヘルペスは、もちろん感染を防ぐことが望ましいですが、何度も言うように非常に感染しやすいウィルスですので、必要以上に神経質になってしまうのも考え物です。ウィルスが排泄された状態にも関わらず症状が出ないことなどもあると考えると、とても完璧な感染予防は見込めません。

発症中にはタオルやコップを使い回さないように気をつける、セックスやオーラルセックスを控えるなど、最低限のことを意識して生活してください。